トップページ»3.IT関連»LPICの有意性期限のステイタス

3.IT関連



LPICの有意性期限のステイタス

生活も一段落してきたし、そろそろLPIC2の受験しようかと思ってLPIC Japanのサイトを覗いてびっくり。 全然知らなかったよ! 去年の9月にLPICに有意性の期限というのが設けられるようになったんだって。

LPICの有意性の期限に関してのお知らせ
(2004年9月1日より実施)

http://lpi.or.jp/whatsnew/20041201.shtml

私がLPIC1を受験した時には「そういった期限はありません、未来永劫資格保持を認めます」的に書いてあったような気がしたが、どうも様子が変わってきているらしく。

確かにこういった資格、特にIT系は変化が激しく、ある一定の期間が過ぎてしまうとその有意性があるのか疑問のあるところ。 しかし今回有意性期限を設けたLPIC側としても今回の措置に対する反応が気にかかるのか

一度認定を受けたら、合格日から10年(※1)を経過しても認定された事実が取り消される訳ではありません。

とかちょっと苦しそうな様子も見て取れたりして。

また、私の場合LPIC1を2003年1月に取得したのだが、これに対しては

ステイタスの記録は、2004年9月1日より開始致しました。2004年9月1日以前に認定された方に関しては対象とされません。

なんて書いてあったりで、「それじゃ私はどういう扱いなの?ずっとACTIVEでいられるわけ?それともACTIVEでもINACTIVEでもないの?」みたいな。

あ、でも今回の措置に対して反対意見を持っている訳ではありませんので念のため。 やっぱり必要だと思います。 ただ、どこぞのベンダー系資格の様に商売気がみえみえな資格にLPICもなっていってしまうのか。 そうはなってもらいたくないなぁと思っているだけでして。

もし商売じゃないと言うのであるならば、再試験の費用少しまかりません?(^^;) 個人には結構痛い金額だと思うんだよね。





投稿日 : 2005年1月16日

この記事に関する言及

このエントリーのトラックバックURL:
http://akionweb.com/mt-tb.cgi/143

コメント

このページに対する感想、意見をお寄せ下さい。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

おことわり

当サイトに掲載している全ての情報は、全て当サイト管理者が個人的、実験的に試した事、又は独自に調査したものです。 従ってその情報に誤りがある可能性も多分にあります。 当サイトの情報をそのまま鵜呑みにされませんようお願い申し上げます。 また当サイトの情報を元に作業されたりする場合はそれをご理解頂いた上で、あくまで自己責任の元で行ってください。

トップページ»3.IT関連»LPICの有意性期限のステイタス