トップページ»3.IT関連»対中国の導通途切れる

3.IT関連



対中国の導通途切れる

日本時間の今日の早朝3時45分頃から11時30分頃まで中国向けに張ったInternet IP-VPNのトンネルが切断されるという障害が発生した。 特にネットワーク設定を変えていなかったので、「また中国側拠点の停電か」なんて思っていた。 中国では日本と比べると電源事情があまり良くない場所が多く、(場所によってだろうが)突然停電することも珍しくない。

そんなわけで監視サーバーからの連絡が入っても軽視していたのだが…

対向拠点から接続できない連絡が入る。 どうやら停電というわけではなかったようだ。 慌てて調査してみると、中国側拠点のグローバルIPアドレスの導通がない。

どうやら中国-日本間(多分中国側のどこか)のルーティングに何らかの障害があったっぽい。 ISPにも問い合わせてみると、他の顧客からも同様の問い合わせが複数件あったということだ。 全くルーティングできないとなるとVPNもクソもないわけで。 結局自然復旧したのだが、やはりインターネット利用のVPNはこういったリスクもあるんだなと改めて思う。

ちなみに同じ中国拠点に接続した某キャリアのVPNは問題なく接続されていた。 やっぱり高いだけあるのかもね。

とはいえ中国のネット事情はまだまだこれからって感じかなぁ。 過去を振り返って考えると急速に良くなってきているとは思うけど。

追記:
その後更に調査を進めたら、どうやら日本側のどこかに問題があった可能性が浮上。 切断されていた時間帯で、別のISPの出口から対中国拠点は見えていた。 ということはやっぱりVPNで使用している日本側ISPが関係するっぽいんだけど… 問題は見つかりませんでしたと言われた。 真相は闇の中。





投稿日 : 2005年1月20日

この記事に関する言及

このエントリーのトラックバックURL:
http://akionweb.com/mt-tb.cgi/146

コメント

このページに対する感想、意見をお寄せ下さい。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

おことわり

当サイトに掲載している全ての情報は、全て当サイト管理者が個人的、実験的に試した事、又は独自に調査したものです。 従ってその情報に誤りがある可能性も多分にあります。 当サイトの情報をそのまま鵜呑みにされませんようお願い申し上げます。 また当サイトの情報を元に作業されたりする場合はそれをご理解頂いた上で、あくまで自己責任の元で行ってください。

トップページ»3.IT関連»対中国の導通途切れる