トップページ»3.1.Linux/UNIX»Solaris上Proxyのパフォーマンス低下対策

3.1.Linux/UNIX



Solaris上Proxyのパフォーマンス低下対策

Solarisの設定って忘れちゃう傾向にあるのでメモ。

ここの所Solarisで稼働させているProxyのパフォーマンスが低下している。 特にアクセスが集中しているときに顕著に表れる現象だが、いつまでたってもページが全く開かなくない時があるようだ。

調査してみるとTIME_WAITなソケットが山のようにある。 これか。 Solarisの場合TIME_WAITのタイムアウトはデフォルトで4分になっているらしいが、これだとソケットで溢れてしまうらしい。

というわけで

ndd -set /dev/tcp tcp_time_wait_interval 60000

これで1分になる。 方々を調べてみるとこれ以上は短くしない方が良いとのこと。

ついでに

ndd -set /dev/tcp tcp_keepalive_interval 120000

というのも設定してみた。 相手が応答しない場合、ESTBLISHEDになっていられる時間の設定。 デフォルトは120分。 上の設定だと2分になる。 ちょっと極端かも知れないが、暫く様子を見てみようと思う。

設定後の様子は結構良好。 ひとまず著しいパフォーマンス低下は無くなったみたい。 でもこれでどの程度耐えられるのかは不明。 その時はまた考えよう。

再起動時に設定がリセットされてしまうっぽいので、とりあえず/etc/S69inetの最後に上記2行を追記する。

Solarisってこういう定義どこに書くのが正解なんだろう… 後でちゃんと調べよう。





投稿日 : 2005年1月11日

この記事に関する言及

このエントリーのトラックバックURL:
http://akionweb.com/mt-tb.cgi/137

このリストは、次のエントリーを参照しています: Solaris上Proxyのパフォーマンス低下対策:

» Windows Server 2003でのTime_Wait遅延問題 from AKI ON WEB
Windows Server 2003上でProxyを動作させているが、前にSo... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年4月18日 12:00

コメント

このページに対する感想、意見をお寄せ下さい。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

おことわり

当サイトに掲載している全ての情報は、全て当サイト管理者が個人的、実験的に試した事、又は独自に調査したものです。 従ってその情報に誤りがある可能性も多分にあります。 当サイトの情報をそのまま鵜呑みにされませんようお願い申し上げます。 また当サイトの情報を元に作業されたりする場合はそれをご理解頂いた上で、あくまで自己責任の元で行ってください。

トップページ»3.1.Linux/UNIX»Solaris上Proxyのパフォーマンス低下対策