トップページ»3.2.Microsoft»Win98のIE5.5で日本語が文字化け

3.2.Microsoft



Win98のIE5.5で日本語が文字化け

ここで書いた話の続きだが、マルチランゲージ対応にしたらしたで、様々な環境の元で検証せざるを得なくなってくる。 今のところ日本語、英語、中国語のWindows上でIE5.01から徐々にバージョンを上げて検証している。

と、国内のユーザーから「日本語が化ける」との報告あり。 マルチランゲージ対応の影響か?

実機をリモートで見てみると確かに日本語が四角になっている。 が、所々表示されている部分もある。 なんだこれは?




環境を調べてみる。

  • Microsoft Windows 98SE
  • Internet Explorer 5.5SP2

古いけど別に問題なさそう。

視点を変えてみる。 そういえばマルチリンガル化したときに、フォントの見た目が変わってしまったので、外部スタイルシートのFont-Familyをいじった覚えがある。 ぐぐってみるとこれがビンゴ。

Windows 98とIE5.5の組み合わせでは、Font-Familyをsans-serifにすると、全て英字フォントで展開されてしまうバグがあるらしい。 そりゃ化けるわな…

とりあえず明示的にフォントを指定してからsans-serifを続けて記述すると直るらしい。

今更95/98の様なレガシーOSまで気にかけて作らなければならないのかとも思うが、顧客に見せるシステムだからね。 出来るだけ恥はかきたくない。 極力対応しなければ。


投稿日 : 2005年3月 3日

この記事に関する言及

このエントリーのトラックバックURL:
http://akionweb.com/mt-tb.cgi/163

コメント

このページに対する感想、意見をお寄せ下さい。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

おことわり

当サイトに掲載している全ての情報は、全て当サイト管理者が個人的、実験的に試した事、又は独自に調査したものです。 従ってその情報に誤りがある可能性も多分にあります。 当サイトの情報をそのまま鵜呑みにされませんようお願い申し上げます。 また当サイトの情報を元に作業されたりする場合はそれをご理解頂いた上で、あくまで自己責任の元で行ってください。

トップページ»3.2.Microsoft»Win98のIE5.5で日本語が文字化け