トップページ»3.1.Linux/UNIX»sendmail vacation

3.1.Linux/UNIX



sendmail vacation

ユーザーから「長期休暇をとるので、メールが届いたときに送信元に休暇であることを伝えられないか」という問い合わせがあったので、sendmailのオートレスポンダーを調べてみた。

sendmailの場合どうやらオートレスポンダーではなくvacationというのがそれに該当するらしい。
というわけでインストールメモ。

THERE CAN ONLY BE 1
VACATION Automatic mail answering program for Linux

http://vacation.sourceforge.net/




上からvacation-1.2.6.1.tar.gzをダウンロードしインストール。

wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/vacation/vacation-1.2.6.1.tar.gz
tar xvzf vacation-1.2.6.1.tar.gz
cd vacation-1.2.6.1
make install

これで/usr/bin/vacationが出来る。

あとはvacationしたいユーザーでログイン(又はsu)してvacationコマンドを実行する。 するとviが起動して

Subject: away from my mail

I will not be reading my mail for a while.
Your mail concerning "$SUBJECT"
will be read when I'm back.

と表示され、自動返信したいメッセージ内容の編集が行える状態になるので、メッセージを編集して保存する。

これが終わると、ユーザーのホームに.vacation.msgファイルが出来る。 これがメッセージの内容だ。
それから.forwardも同時に変更され、メッセージが届いたときにvacationにパイプされるようになる。

.vacation.dbというのも自動作成される。 (manでは-iオプションを付けて初期化すると書かれているが、勝手に出来たのでまぁいいかと) これを使って同一送信元から複数回メールが届いても最初の1回だけ自動返信するようにしているっぽい。 デフォルトでは最初にメールが届いた日から1週間経過するともう一度通知するようになっている。

vacationをやめたい場合は.forwardのvacationの部分を消せばOK。

追記:
忘れていたが日本語のメッセージを送りたい場合は、vacation.msgをjisに変換する。
vacationコマンドを実行後、nkfやqkcで変換すればOK。 でもsubjectとかは多分日本語NG。 エンコードすればいけるかもだけど…

以下はqkcでの変換例。

qkc -j vacation.msg

投稿日 : 2005年4月 1日

この記事に関する言及

このエントリーのトラックバックURL:
http://akionweb.com/mt-tb.cgi/176

コメント

このページに対する感想、意見をお寄せ下さい。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

おことわり

当サイトに掲載している全ての情報は、全て当サイト管理者が個人的、実験的に試した事、又は独自に調査したものです。 従ってその情報に誤りがある可能性も多分にあります。 当サイトの情報をそのまま鵜呑みにされませんようお願い申し上げます。 また当サイトの情報を元に作業されたりする場合はそれをご理解頂いた上で、あくまで自己責任の元で行ってください。

トップページ»3.1.Linux/UNIX»sendmail vacation