トップページ»2.マイプロダクト»Thunderbird Undelete

2.マイプロダクト



Thunderbird Undelete

English page is here

Mozilla Thunderbird用の削除済メール復活ツールです。 間違って削除してしまった大切なメールを復活できるかも。(メールデータの状態によっては復活できません。) また未確認ですが、他のMozilla系メーラー(Netscape Messenger等)のメールも復活できる可能性があります。

Thunderbird Undeleteがお役に立てたなら…

もしThunderbird Undeleteがあなたのお役に立てたなら、寄付に協力していただけると嬉しいです。(もちろん強制ではありません。) 詳しくは以下のリンクをクリックしてください。
寄付の説明はこちら


重要なお願い

このソフトウェアはThunderbirdのメールデータを直接編集します。 従って最悪の場合メールデータそのものを破壊し、メールへのアクセスが一切出来なくなる危険性があります。 必ずメールデータをバックアップした上でご利用ください。 本ソフトウェアを使用して発生したいかなる問題に対し、当サイト並びに関係者は一切責任を負いません。 利用者の責任の元ご利用ください。

スクリーンショット

メールデータファイルを開いた状態です。 下のスクリーンショットは一部モザイクがかかっていますが、Senderは送信元、Subjectはメールのサブジェクトが表示されます。

必要環境

2005年7月現在、.NET Framework 2.0はベータ版(再頒布可能パッケージ Beta 2)としてのリリースとなっています。 正式版がリリースされるまではこちらをご利用頂くことになります。 .NET Framework 2.0はThunderbird Undeleteを実行する前にインストールしておいてください。

ダウンロード

ソフトウェア名称 : Thunderbird Undelete
ソフトウェア種別 : フリーソフトウェア
バージョン : 1.0.0.0
TBUndelete.zip




使用方法

削除されたメールをリストアップして復元するだけのシンプルなものなので、説明も必要ないとは思いますが、一応簡単に書いておきます。

圧縮ファイルの解凍

ダウンロードしたZIPファイルを各種アーカイバで解凍してください。 2つファイル出てきますが、実際に必要なのはTBUndelete.exeのみです。 インストール作業はありません。 そのままTBUndelete.exeを実行してください。

ちなみにレジストリ等々は一切作成しませんので、アンインストールは上記2ファイルを削除するだけでOKです。

メールデータのバックアップ

Thunderbird Undeleteを使用する前にこれから復活作業を行う対象のメールデータのバックアップを必ず行っておいてください。 万が一メールデータが破壊された場合、Thunderbird Undeleteを使用する前の状態に戻すことができます。

Thunderbirdのメールデータは(恐らく)以下の場所にあります。 エクスプローラー等で探してみてください。

c:\Documents and Settings\{user_name}\Application Data\Thunderbird\Profiles\{xxxxx}\Mail\{zzzzz}\

{user_name}はあなたのユーザー名、{xxxxx}はThunderbirdが生成した任意の文字列、{zzzzz}はLocal Folderかあなたが使用しているメールアドレスのドメインになります。 この場所が見つからない場合はDocuments and Settingsフォルダを起点に"Thunderbird"等のキーワードで検索してください。

尚、Application DataフォルダはHidden属性がついているので、通常は見えないフォルダとなります。 エクスプローラーのフォルダオプションで全てのファイルとフォルダを表示するように設定しておいてください。

上記フォルダ中には以下のファイルが含まれているはずです。

  • Inbox
  • Sent
  • Drafts
  • Trash
  • Unsent Messages

上から順に受信トレイ、送信済みトレイ、下書き、ごみ箱、未送信メッセージのフォルダに対応します。 Thunderbird Undeleteを使いたいファイルをそのまま別の場所にコピーしてバックアップしておいてください。 また同時に同じ名前で拡張子が.msfのファイルもバックアップしておいて下さい。

万が一Thunderbird Undeleteを使用した結果メールデータが破損した場合は、それらのファイルを元の場所に戻すだけでThunderbird Undeleteを使用する前の状態に戻ります。

Thunderbird Undeleteでメールデータを開く

バックアップが完了したらThunderbird Undeleteで対象となるメールデータを開きます。 Openをクリックし、ファイルを選択してください。

ステータスバーにAnalyzing...と表示され、メールデータの解析が始まります。 解析が完了すると過去に削除されたメールがリストアップされます。

削除されたメールを復元する

まずリストの中から復活したいメールを選択状態にしてください。 この際、Ctrlキー及びShiftキーで複数選択することができます。 またSelect Allをクリックすると全件が選択状態になります。

選択し終わったら、Undeleteをクリックします。 するとリストから選択された行が消え、復活処理が完了します。 後はThunderbird Undeleteを終了し、Thunderbirdで復活したか確認するだけです。

選択件数が多い場合は復活に少し時間がかかります。 同様にThunderbirdで確認時もメール一覧が表示されるまで時間がかかる場合があります。(要約ファイルを更新するための様です)

2008-01-11追記:
復活処理は成功したのにThunderbirdで確認すると見つからないケースがあるようです。 この場合は対応する要約ファイル(受信トレイの場合はInbox.msf)を削除してからThunderbirdで確認してみて下さい。

FAQ

よくある(ありそうな)問い合わせに対する解答です。

メールデータ(Inbox等)が見つかりません

エクスプローラーでメールデータを探したが見つからないという方は、時間はかかるかもしれませんがc:\を起点にInbox.msf等を検索してみてください。 ドライブが複数ある場合はそちらも同様に探してください。

削除メールがリストアップされません

残念ですが、そのフォルダのメールは復活できないようです。 考えられる原因は以下の通りです。

  • Thunderbird Undelete使用前にそのフォルダに対し「フォルダを圧縮(又は最適化)」した
  • ごみ箱に対し「ごみ箱を空にする」を実行した(ごみ箱のみ)

「フォルダの圧縮(又は最適化)」はThunderbirdのファイルメニューにある機能ですが、これを実行すると復元に必要な情報が全て破棄されてしまいます。 またごみ箱を空にするを行ったごみ箱フォルダも同様です。

反対に言うと、上記作業をしていなければ復活できる可能性が高いです。

メールを復活したフォルダを開くたびに要約を作成するようになった

もしかしたら復元作業を行ったことで要約(インデックス)ファイルが破損した可能性があります。 作業したメールデータの名前+.msfというファイル(例えばInboxの場合はInbox.msf)がありますから、それを削除してThunderbirdを再度起動してみてください。 再度要約を作成し始めますが、次回以降は正常に戻るはずです。

SubjectやSenderが変(一部表示されない等)

正直Thunderbird Undeleteは復活できれば良しという事で、手が抜ける場所はズバズバと抜いています。 Subject及びSenderの部分はMIMEデコードの処理が入っていますが、なんとなく分かる程度に表示されるような実装しかしてません。 仕様だとあきらめてください。

選択件数が多い場合Undelete後フリーズっぽくなる

これも仕様(手抜き)です。 流石にAnalyze時はまずいだろうとマルチスレッドにしてありますが、復活処理の方はは面倒なのでやってません。 おとなしく待ってあげてください。 きっといつかは終わります。

メールデータのサイズが大きいんだけど平気?

一応1.5ギガくらいのメールで検証した結果は問題ありませんでした。 Thunderbirdの場合2ギガまでしか入らないっぽいので多分大丈夫でしょう。

開発環境について

Thunderbird UndeleteはMicrosoft Visual Studio 2005 beta 2で開発しました。 これは単に開発環境を買うのをケチったからです(苦笑)。 予めご了承ください。 今後Visual Studio 2005が正式リリースされた場合そちらに移行するつもりですが、その辺は大蔵省次第なので未定です。 尚、本ソフトウェア配布に伴いGo-Liveライセンスは締結済です。


投稿日 : 2005年7月13日

この記事に関する言及

このエントリーのトラックバックURL:
http://akionweb.com/mt-tb.cgi/229

このリストは、次のエントリーを参照しています: Thunderbird Undelete:

» Thunderbirdで誤って削除したメールの復活を。 from ぱそでこ!
まずは、AKI ON WEBさんに感謝。 本当に助かりましたよ。。。 ここで作られているThunderbirdのメールデータを復元するツールには、助けら... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年8月29日 17:44

コメント

このソフトウェアにアドウェアが組み込まれていました。駆除すれば正常に稼動しました。

投稿者 セト : 2006年2月23日 11:56

セトさん、ご報告ありがとうございます。

ウチのソフトにアドウェアが組み込まれていましたか。(・_・) それは初耳ですね。

念のため色々調査してみましたが、私の方では残念ながら検知することはできませんでした。

勿論開発の段階でも広告や変な仕組みを入れた覚えはないですし、現段階ここでダウンロードできるファイルのサイズや日付も開発当時と変化有りません。

参考までにどの様なソフトを使って検知、駆除されたのか、また何という名前のアドウェアだったのかお教え頂けますでしょうか。

また他の有識者の方の調査コメントも頂けると助かります。

変なものが入ってるとしたら、最終的には公開終了とします。(^^;) ごたごたは面倒なので。

投稿者 AKI ON WEB : 2006年2月23日 16:04

試してみましたが 当方の環境では何も出てきませんでした。

投稿者 通りすがり : 2006年2月26日 19:52

ご報告ありがとうございます。m(._.)m
他の方も時間がありましたら検証お願いします。

投稿者 AKI ON WEB : 2006年2月27日 08:33

ほんとうに助かりました。

うっかり誤って Windows のシステム時刻を
1年進めてしまったところ、Thunderbird の
ディスク領域の設定で「XX日以上経過した
メッセージを削除する」としていた設定に
ひっかかってしまい、過去のメールがざっくり
削除されてしまいました。

が、本ツールできれいさっぱり元通りにすることが
できました。感謝感謝です。

投稿者 いくら : 2006年4月17日 01:22

いくらさん
Thunderbirdってそんな機能あったんですね。 知りませんでした。(笑)
お役に立てたようでなによりです。

投稿者 AKI ON WEB : 2006年4月17日 19:30

こんにちはー。
以前から使わせていただいているものなのですが、つい最近久しぶりにトラブル対応で使おうと思ったところ、起動時にエラーがでて起動することが出来なくなってしまいました。
参考になればと、上げておきます。
--------------
EventType : clr20r3 P1:tbundelete.exe P2:1.0.0.0 P3:42d49a5a
P4:tbundelete P5:1.0.0.0 P6:42d49a5a
P7:11
P8:b5
P9:system.invalidoperationexcenption
--------------
パッチの所為かもしれないですね・・・。

投稿者 ぐれ。 : 2006年6月12日 10:36

情報ありがとうございます。
ちょっと調べてみます。

投稿者 AKI ON WEB : 2006年6月12日 11:20

ぐれ。さん

ちなみに.NET Frameworkは正式版をお使いですか?

投稿者 AKI ON WEB : 2006年6月12日 11:41

Thunderbird Undelete早速使わせていただきました。私の妻宛のメールを間違って削除してしまったので、もう死に物狂いでメールの復元方法を探していたところ、こちらのサイトにたどり着きました。
無事メールも復元する事ができました。
本当にありがとうございました。

投稿者 nakayama : 2006年6月23日 23:47

nakayamaさん。

お役に立てて何よりです。(^_^)

投稿者 AKI ON WEB : 2006年6月24日 01:14

はじめまして。Thunderbirdのメールファイルの保存先を変えたところ、全てのメールが消えてしまうというトラブルが起こりまして、困っていたところ、こちらにたどり着きました。無事解決できましたので、心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

投稿者 えり : 2007年7月12日 20:03

えりさん、はじめまして。

お役に立てたようで何よりです。 しかし保存先を変えただけで消えちゃいましたか。 どんな状況なんだろう…

何はともあれ戻せて良かったですね!

投稿者 AKI ON WEB : 2007年7月12日 22:24

部の発行物用に委託されたメール数通を誤って削除してしまい、復元ツールを模索するもThunderbird用のソフトがなく、ほとんど諦めていた時に、こちらのソフトに巡り会えました。
メールだけでなく、添付されていたWord用のデータも完全に復元できました。
本当にありがとうございました。感謝の言葉を尽くせないほど、大変お世話になりました。

投稿者 ささみ : 2007年7月19日 23:33

ささみさん

仕事のデータを消しちゃったのですか! そりゃやばかったですね。(・_・;)
とりあえず復旧できて良かったですね。

投稿者 AKI ON WEB : 2007年7月20日 16:30

はじめまして。
thunderbirdで一部の大切なメールを誤って削除してしまい途方に暮れていたところ、こちらにたどり着きました。
使ってみたのですがうまく復元できません。

thunderbirdを使い始めたところで、今までメールソフトを使っていなかったこともあり操作に慣れず、何度か同じユーザ名(Yahoo!メール)のアカウントを削除したり追加したりを繰り返しました。
復元したいメール自体はThunderbird Undeleteで見つけられたのですが、選択した行は消え、処理は完了したようなのですが、実際には戻っていません。
これは復元したいメールデータが一度削除してしまったアカウントであるためでしょうか?
メールのデータ自体がまだ残っていることは確かなのでなんとか取り込みたいのですが。

下手な説明で申し訳ないのですが、アドバイスいただけると嬉しいです。

投稿者 くれ : 2007年11月15日 12:41

くれさんはじめましてこんにちは。

アカウントを削除してしまった場合の検証はやったことが無いのでなんとも言えませんが、Thunderbird Undeleteで削除済みメールがリストアップされるのであれば戻せそうな気がしますね。

ちなみにThunderbirdのバージョンはいくつでしょうか? あと、対象のフォルダ(Inbox等)はどこですか?

やり方としては以下の方法で戻りそうなのですが… 例としてInboxを対象とします。

1)とりあえず対象のInboxファイルをバックアップ
2)新規アカウントを作成
3)新規アカウントのメールフォルダ中にバックアップしておいたInboxファイルをコピー
4)一旦Thunderbirdを起動して、削除済み以外のメールが出るか確認
5)Thunderbird Undeleteで復活
6)Thunderbirdで確認

多分似たようなことは既にやってるとは思うのですが…

ご確認ください。

投稿者 AKI ON WEB : 2007年11月15日 13:21

すみません、再度お邪魔します。
削除したアカウントのメールデータをローカルフォルダに上書きしたら無事復元できました!
長々と書き込んでおいて申し訳ないやらお恥ずかしいやら…。こんな簡単なことだったんですね…。
友達からの大切なメールだったので本当に助かりました。
本当に感謝感謝です。ありがとうございました。

投稿者 くれ : 2007年11月15日 13:21

くれさんこんにちは。

ニアミスですね。(笑)ほぼ同時のポスト。

とりあえず回復できてよかったです。(^_^)

投稿者 AKI ON WEB : 2007年11月15日 13:23

ちょっと笑ってしまいました(笑)
今回は勉強になってよかったです。
改めてありがとうございました~!

投稿者 くれ : 2007年11月15日 13:28

復活したいメールを選択して「UNDELETE」まではできたのですが、Thunderbirdのどこを探してもメールが復活できていません。再度復活しようと思い、Thunderbird Undelete を立ち上げましたが、今度はそのメールも無くなっていました。一体どこに消えてしまったのでしょうか?

投稿者 はや : 2007年12月20日 10:08

はやさん、はじめましてこんにちは。

復活したのはInboxですか? 状況から推測して復活できているような気がするのですが…

ソートの条件などで見つからないだけということはありませんでしょうか?

もう一度Thunderbirdの該当メールボックスをご確認いただけますか?

投稿者 AKI ON WEB : 2007年12月20日 16:21

復活したのはローカルフォルダのInboxです。
どこを探しても見つかりません。

投稿者 はや : 2007年12月21日 10:24

はやさん

ちなみに再度Thunderbird Undeleteした場合、その他の削除済みメールはリストアップされますか?

それがされるようであれば、該当のメールもまだ復活可能だと思いますが、場合によってはバイナリエディタなどで編集する必要があるかもしれませんね。

直接こちらでInboxファイルを見れれば一番早いのですが、さすがにそれは無理でしょうしね。(汗)

投稿者 AKI ON WEB : 2007年12月21日 19:32

はやさん

ちなみに使用方法に書いてある通りのバックアップはとってらっしゃいますか?

そちらを使って再度Undeleteしてみるとどうでしょうか?

投稿者 AKI ON WEB : 2007年12月21日 20:11

仕事で使っていたメールソフトなのですが、設定をあやまって、過去数カ月のデータすべて消えてしまい、絶望の淵にいました。

そこへ、このサイトを見つけ、藁にもすがる思いでソフトを使ってみたのですが、どうしてもメールが復活しません。
どうか思い当たる理由を教えていただけないでしょうか。

状況ですが、
1)削除したメールの一覧が出てきて、undeleteボタンを押した
2)選択した行がすべて消えた
3)undeleteを終了
4)Thunderbirdを立ち上げる
5)undeleteを使う前と変わらない

という状態です。

一度、この後再起動しましたが、状態は変わりませんでした。
復活したいメールが、再起動後はundeleteを使っても出てこなくなるため、再度保存していたバックアップファイルをコピーして、同じことをし直しても、状況は変わりませんでした。

特に迷うような手順はなさそうなので、どうしても理由がわかりません。

これらのメールが戻るなら、本当にどんなにありがたいかしれません。
どうか、思い当たる対処を教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

投稿者 tomoko : 2008年1月10日 21:09

tomokoさん、はじめましてこんにちは。

ちなみにThunderbirdのバージョンはいくつですか?
新しめの奴は未検証なので、もしかしたら原因はそのへんかもしれませんね。

一つ前のはやさんのケースと酷似してますし。

投稿者 AKI ON WEB : 2008年1月10日 21:26

tomokoさん、はやさん

現象再現しました。 最新版のThunderbirdで検証したところ確かに復活できないようです。(実際は復活できているが、表示されない)

原因は復活後、要約ファイル(.msf)が自動的に再編成されないことによるものの様です。 若干仕様が変わったのかもしれませんね。 以下の手順をお試しください。

1)Thunderbird Undeleteで復活後、対応する要約ファイル(受信トレイだったらInbox.msf)を削除。(バックアップしておいたほうが無難です)
2)Thunderbirdで確認

要約ファイルを再編成するので若干時間がかかるかもしれませんが、これで元に戻りそうな感じです。

お試しください。

投稿者 AKI ON WEB : 2008年1月11日 09:19

コメント対応いただき、ありがとうございました。

じつは、書きこんだ後、だめもとで再度、今度はメールを選択せずに(全選択)、undeleteしたところ、メールが復活いたしました!
削除するはずのメールも復活させているため整理したりするうち、もう自宅に帰る時間になってしまい、コメント書き込めなかったのですが…。お手数をかけて申し訳ありません。
参考までにこのときの状態ですが、受信メール数は約8000件くらい(振り分けていたメールもすべて含む)でした。

Thunderbirdを使い慣れていないため、以前使っていたメーラーのように、ゴミ箱に入れたメールを日数がたつと削除するようにしたいと思って安易に設定を変えたところ、すべてのメールが対象になる設定しかないのですね…。本当にうかつでした。
今までの仕事のすべてを失ったように思い、とても落ち込んでいたところを救われて、心から感謝しています。
このあと、些少ですが、感謝をこめて寄付をしたいと思っています。

実は、かなり前ですがパソコン誌の編集者をしていたのですが(いまは、一般書がメイン)、正直、これまで心からお金を払いたいと思ったシェアウエアやフリーウエアはありませんでした。このソフトで救われたとき、こんなにありがたいものを作ってくれた人がいることに、初めて深く感謝し、お金に代え難い価値を感じました。

それでは、感謝をこめて…
(エラーにより、投稿が遅れました)

投稿者 tomoko : 2008年1月11日 18:46

tomokoさん

まずは復活できて本当に良かったですね。 私としても大変うれしい限りです。

とはいえここまで喜んでいただけると正直こそばゆい気もしています。(汗)また寄付までしていただいてしまって…頂いた金額であれば市販のもっと出来の良いソフトが買えるでしょうに…ありがたい限りです。

こちらこそ有難うございました。 寄付金、ありがたくサイト運営費として使わせていただきます。

投稿者 AKI ON WEB : 2008年1月11日 19:16

はじめまして。
Win&Thunderbirdに移行して1ヶ月ほどの者なのですが、ローカルフォルダの設定が一定期間経過したメールを削除するようになっていたのを知らずに使用していました。
MacのMailから移行していたデータも大いに消えて困っていましたところこちらに辿り着き、さっそく使用させていただきました。
ローカルフォルダ以下に置いたサブフォルダのようなもの(送り主等で振り分けるフォルダ)の中に振り分けられていたメールというのは捜索の対象とならないのでしょうか?肝心のその中身が見つからず、未整理の受信トレイの中身だけ引き上げられていて。。。
私のファイルの指定の仕方が間違っているのでしょうか?
ローカルフォルダ下のサブフォルダの中身の指定の仕方、のようなものがあれば教えていただけませんでしょうか。

投稿者 マリモ : 2008年6月11日 07:09

マリモさんはじめましてこんにちは。

ローカルフォルダ配下のサブフォルダの指定の方法ですが、以下の方法でできると思います。

1)Thnuderbird Undeleteを実行後、Openをクリック
2)Local Foldersを開く
3)ファイルの種類のプルダウンリストをAll Files(*.*)に変更
4)対象のフォルダ名のファイルを開く

これでその中の削除済みメールの一覧が出てきます。 試してみてください。(^_^)

投稿者 AKI ON WEB : 2008年6月11日 09:40

はじめまして。                     Thunderbirdを使用しており、、誤って既読のメールを削除してしまいました。Thunderbird Undeleteを使用させていただき、二つあるメールアカウントのうち一つのアカウントの削除メールは復活したのですが、もう一つのアカウントのほうは復活できませんでした。(二つのアカウントのメールアドレスはそれぞれ異なります。)復活できないほうも、Analyzing...ではリストが出てきます。ここでUndeleteをしたのち→Thunderbirdを立ち上げる。ここでUndeleteしたメールが確認できなかったので、該当のmsfファイルを削除→再度Thunderbirdを立ち上げしましたが、結果は同じくメールは表示されませんでした。。そしてThunderbird Undeleteを起動すると、先ほどUndeleteしたはずのリストが復活しています。
Thunderbirdのバージョン は2.0.0.22 です。 (20090605) またバックアップしてあったファイルで試してみても状況は同じでした。非常にこまっており、対応をご教授願えませんでしょうか?何卒よろしくお願い申し上げます。

投稿者 シモヤマ : 2009年8月 2日 03:38

シモヤマさん。

はじめましてこんにちは。 気がついておりませんで、返信が遅くなりすいません。(^^;)

まずは問題の切り分けからさせてください。

この二つのアカウントというのは、同一PC上、同一Thunderbird上での話でしょうか? それとも別のPC?

同一PC上であるならば、一つのThunderbirdが動作しているはずで、Thunderbird Undeleteが違う動きをする事はあまり考えられないのですが…

投稿者 AKI ON WEB : 2009年8月 3日 08:39

コメントありがとうございます。

>この二つのアカウントというのは、同一PC上、同一Thunderbird上での話でしょうか? それとも別のPC?

はい、同一のPC,同一Thunderbird上で起きたことです。

メールの復活が出来ないアカウントで4,5回試してみましたが、同じ結果に終わりました。

その後異なる対応策を見つけましたので報告します。

Thunderbirdのimapizeというアプリケーションをダウンロードし復活させたいアカウントのフォルダのメールファイルをemlファイルに変換。変換した
ファイルをOUTLOOKにインポートすると、それまで見れなくなっていたメールを見ることが出来るようになりました。但しこのやり方は面倒でありしかも二つのメールソフトを使用せねばならないので、次善の策と思います。

投稿者 シモヤマ : 2009年8月 5日 00:28

シモヤマさん

恐らくOutlookを通すことでメール削除の管理情報が消える事によるものでしょうね。

しかし同一TBUndeleteでのその挙動については良く分からないですね。 片方は正常、もう片方は異常。

もう少し踏み込めれば原因が分かるかもしれませんが…

投稿者 AKI ON WEB : 2009年8月 6日 08:46

AKI ON WEB 様

ついうっかりメールを削除してしまい、貴殿のソフトを利用させて頂きました。
約 600 通のメールを選択して Undelete すると一瞬で処理が完了し、「ほんとに戻ったの?」と不安でしたが、inbox.msf の削除も合わせて行った所
無事復元が完了しておりました。
今回、お礼に書かせていただいた次第です。
ありがとうございました!

投稿者 so24 : 2009年11月 4日 15:51

so24さん

はじめましてこんにちは。

メールが復活できたとの事なによりです。(^_^)
ちょっとしたミスで一瞬のうちに大切なデータが損失してしまった時のあの絶望感。 あれは決して味わいたくない感覚の一つですよね。(^^;)

藁にもすがりたくなる気持ち分かります。 ウチのソフトがとどめを刺さなくて本当によかった。(^^;)

投稿者 AKI ON WEB : 2009年11月 4日 22:01

はじめまして。
Thunderbird 2.0.0.23(20090812)バージョンを使用しています。誤って既読のメールを削除してしまいました。Thunderbird Undeleteを使わせていただき、inboxを開いて復元させたいメールを選択後、Undeleteをクリックしました。それからThunderbirdを立ち上げましたが、メールが復元出来ませんでした。もう一度inboxを開くと復元したいメールはリストには残っていませんでした。どのような操作をすればよいか教えていただけないでしょうか?お願い致します。

投稿者 YS : 2009年11月11日 13:50

YSさん

はじめましてこんにちは。

2度目にリストアップされないということは復元自体は成功しているということだと思います。

確認させていただきたいのですが、本ページの使用方法の最後に書かれておりますinbox.msfの削除は試していただけましたでしょうか?

投稿者 AKI ON WEB : 2009年11月11日 14:38

AKI ON WEB 様
上記にコメントを掲載させていただいたSYと申します。何度か操作を行っていましたところ、メールが復元できました。
本当にこのような復元ソフトを提供してくださり、有り難うございます。本当に感謝してます。

投稿者 YS : 2009年11月11日 15:08

YSさん

なんとか復旧できたとの事。 良かったですね~。(^_^) 私としても嬉しい限りです。

投稿者 AKI ON WEB : 2009年11月11日 15:38

はじめまして。
Thunderbird を使用しているものです。
ここの趣旨とはずれていると思いますが、質問させてください。
削除したメールではなく、自動削除されてしまった過去の、受信・送信・未送信メールは復元する方法はないのでしょうか?
大切なメールを保存するのを忘れていて、とても困っています。
パソコンのことは全然分かりませんので、当たり前のことをきいているかもしれませんが、どうかよろしくお願い致します。

投稿者 ひろ : 2010年3月13日 09:38

ひろさん

物凄く返事が遅くなってしまってすいません。 ここの所本業がハンパなく忙しくて手が回ってません。

自動削除されたものに関しても基本的にはThunderbird Undeleteで復活可能だと思います。 ここのコメントでも事例があります。

投稿者 AKI ON WEB : 2010年3月26日 12:50

TBUndeleteについて質問させてください。
手順通り作業し、復元が完了しました。ところが、thunderbirdを再起動したところ、復元されていたものがまた消えてしまいました。何度が同じ作業をしたのですが、再起動すると、復元されたメールも最新ののメールも消えてしまいます。対策はありますか?

投稿者 ごろにゃん : 2011年5月11日 08:18

ごろにゃんさん

ごめんなさいっ!全然気がついていませんでした。
もう必要ありませんよね。。。?

投稿者 AKI ON WEB : 2011年9月 6日 18:31

ネタになるかと思い一連の復元作業についてコメントを残します。

環境:Thunderbird8.0/WindowsXP ProSP3
状況:[ツール]-[アカウント設定]の[ディスク領域]項目にて、誤って
「送信日時から次の日数以上経過したメッセージを削除する」
にチェックを入れてしまい、「OK」をクリック。
「受信トレイ」のメールがことごとく消える(↑で30日となっていた)

というビックリを仕事でやってしまい、消えたメールはゴミ箱にも無く、こちらのソフトにお世話になることに。

先ず、Thunderbirdを「フォルダの最適化」や「ゴミ箱を空にする」前に終了。こちらのページにある様にプロファイルをバックアップ。(超重要)

「Thunderbird Undelete」をダウンロードし、解凍。
「TBUndelete.exe」を起動し、復元したいInboxを読み込み。

※自分が「どのInboxを指定したいのか」は、Thunderbird8.0の場合該当のメールフォルダを右クリックし、フォルダのプロパティで「場所」をみれば分かります。

自分は全て復元したかったので、メニューの[Edit]-[SelectAll]をクリック。[Undelete]をクリック。

「TBUndelete.exe」を終了し、おそるおそる「Thunderbird8.0」を起動。

…見た目変わって無し。もうひと手間、かかるようです。
そこでメールを復元した筈のフォルダ(「受信トレイ」なら「受信トレイ」)を右クリックし、フォルダのプロパティの下をご覧ください。「フォルダを修復」というボタンがあります。

フォルダの索引ファイル(.msf)が損傷した際に「フォルダを修復」してくれるボタンだそうです。
ポチッとやりまして「OK」をクリック。

出たー!!キター!!2.5年分の仕事メール!!

というわけで無事復元いたしました。
とてもとても嬉しかったので長々とコメントしてしまいました。
作者様本当にありがとうございます。この後隙を見つけて寄付させていただきます。

「フォルダを修復」ボタン、お試しあれ。(くれぐれもバックアップ後)

投稿者 勇魚 : 2011年11月25日 12:35

勇魚さん

まずは復活できたこと、何よりです。(^_^)
またThunderbird 8.0での動作報告ありがとうございました。

結構仕事でThunderbirdを使われている方も多いみたいですね。
仕事のメールって後々参照する可能性もあるので、過去のものも消さないでおくのが一般的かもしれませんね。
それが消えたとなると… 心中お察しします。(^^;)

Thunderbird8ではフォルダを修復する機能が付加されたんですか。
もしかしたら上に書いてある.msfファイルを削除するのと似た動きをするのかな。
なんにせよ標準機能で追加されたのは良いことかもしれませんね。

追伸、寄付ありがとうございました。 ありがたく頂きます。m(._.)m

投稿者 AKI ON WEB : 2011年11月26日 16:11

このページに対する感想、意見をお寄せ下さい。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

おことわり

当サイトに掲載している全ての情報は、全て当サイト管理者が個人的、実験的に試した事、又は独自に調査したものです。 従ってその情報に誤りがある可能性も多分にあります。 当サイトの情報をそのまま鵜呑みにされませんようお願い申し上げます。 また当サイトの情報を元に作業されたりする場合はそれをご理解頂いた上で、あくまで自己責任の元で行ってください。

トップページ»2.マイプロダクト»Thunderbird Undelete