トップページ»3.IT関連»ActiveDirectoryとLinuxによるシステム構築ガイド

3.IT関連



ActiveDirectoryとLinuxによるシステム構築ガイド

ちょっと気になる本を見つけたのでメモ。

Active DirectoryとLinuxによるシステム構築ガイド―企業で使える認証システムの構築

システムやサーバーを沢山導入してくると結構問題となってくるのが認証。

ちょっと考えただけでも、Windows、メール、ウェブアクセス、業務系システムといった具合にゴロゴロ出てくる。 でもそれぞれが独立した認証ではユーザーは大変だ。 しかもそれぞれに対してパスワードはああしろこうしろなんて条件をつけられた日にはたまったもんではない。

となってくるとやはりLDAPなりActive Directoryなりに認証を完全に統合してきたくなる。 できればシングルサインオンを実現したいというのが普通の流れだろう。

この本の著者の内容紹介によると、

システム管理者必見!今までにない新しい企業ネットワークシステムを構築できます。 本書は、WindowsとLinuxの両方を利用する企業ユーザを対象にしたユーザ管理と認証の一元化を実現する統合認証システムの解説書です。小規模ネットワークから大企業の基幹ネットワークにも使える上に、汎用性が高く堅牢な統合認証システムは、あらゆる環境に柔軟に対応できます。オープンソースを中心に解説しているため、予算をかけずにシステム構築ができます。

とあり、Active DirectoryとLinuxとは言っているもののオープンソースを中心としているらしいので他の環境でも参考になるのかもしれない。

後で買ってもらおうっと。





投稿日 : 2005年10月20日

この記事に関する言及

このエントリーのトラックバックURL:
http://akionweb.com/mt-tb.cgi/265

コメント

このページに対する感想、意見をお寄せ下さい。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

おことわり

当サイトに掲載している全ての情報は、全て当サイト管理者が個人的、実験的に試した事、又は独自に調査したものです。 従ってその情報に誤りがある可能性も多分にあります。 当サイトの情報をそのまま鵜呑みにされませんようお願い申し上げます。 また当サイトの情報を元に作業されたりする場合はそれをご理解頂いた上で、あくまで自己責任の元で行ってください。

トップページ»3.IT関連»ActiveDirectoryとLinuxによるシステム構築ガイド