« 2005年11月 |トップページ| 2006年1月 »

2005年12月 6日

3.2.Microsoft - Windows Server 2003 R2のクォータを試してみたブックマークに追加する

先日行ったthe Microsoft Conference 2005の中で、おくらばせながらWindows Server 2005 R2からフォルダ単位のクォータが行える管理機能が実装されるという事を知った。 というわけで手が空いたのを見計らってテストしてみた。

いきなり余談ですが、今まで私はquotaを「クオータ」と思っていました。 本当は「クォータ」らしいですね…

さて、本題。 2005年12月現在、R2は製品候補版としてマイクロソフトのホームページからダウンロードできるようになっている。 ダウンロードにはMicrosoft Passportのアカウントが必要。

Windows Server 2003 R2 製品候補版の登録
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/R2/trial/privacy.mspx

手続きを済ませると、マイクロソフト発注確認通知というメールが指定したメールアドレスに届く。 この中のリンクから

  • Windows Server 2003 Enterprise Edition 評価版 (Service Pack 1 適用済み)
  • Windows Server 2003 R2 製品候補版 (RC)

以上、2つのisoイメージファイルをダウンロードする。 Windows Server 2003 R2のインストールガイドによると、まずWindows Server 2003 Enterprise Edition 評価版をインストールした上でRC2をインストールする必要があるという事なので、ここまでパッパと済ませた。

余談だが、今回のテストにはMicrosoft Virtual PC 2004を使用した。 最近OS等の評価をする場合はいつも使っているが、isoを直にマウントできるのでわざわざCDを焼く必要もないし、空いているPCを探さなくていいしで大変便利。 おすすめ。

続きを読む "Windows Server 2003 R2のクォータを試してみた"


投稿日 : 2005年12月 6日| コメント (0)| トラックバック(0)

« 2005年11月 |トップページ| 2006年1月»