トップページ»3.IT関連»Asterisk - 電話って最高に面白い

3.IT関連



Asterisk - 電話って最高に面白い

方々で話題となっているOpen SourceなPBX「Asterisk」に最近はまっている。

Asterisk - The Open Source PBX
http://www.asterisk.org/

前にどこかで見かけたときから気になっていたのだが、数ヶ月位前に書店で下の書籍を見つけた瞬間から火がついた。 即刻購入。

AsteriskでつくるIP電話システム―つくって、試して、楽しむIP電話―PCtoPCからIP‐PBXまで
高橋 隆雄

Asteriskの日本語の情報が少ない中、正直洋書ではなく和書として手にはいるなんて思っていなかった。 中身的には前半「IP電話とは」的な話が長くなっており、個人的には少々かったるい(失礼)気もしたが、中盤からはAsteriskのインストール方法や基本的な設定方法と続く。 Asteriskを始めるにはもってこいの1冊だと思う。

ちなみにAsteriskは現在バージョン1.2系が最新だが、この本は1.0系ベースとなっている。 とはいえ基本的な設定はあまり変わりないので問題なしだろう。




この本を切っ掛けに、文中で紹介されているICOM社のSR-5200VoIPも研究用として買ってもらってしまった。(笑) 実際には手違いでSR-5200VoIP2が来てしまったのだけど… 中身的にはそんなに変わりないだろうとそのまま使っている。

現在はAsteriskとSR-5200VoIPを使用してPSTNとSIP、そしてH.323及びゲートキーパーといった回線をつなぐところまできた。 実験している段階とはいえここまでできてしまうのかというのが率直な感想。

こんなに凄いソフトウェアが無料なんて素晴らしい、そして恐ろしい世界だと改めて思う。 久々にエキサイトしてます。

最近記事を書くのサボってるけど、そのうちAsteriskのTipsとか書いてみようかな。


投稿日 : 2006年4月15日

この記事に関する言及

このエントリーのトラックバックURL:
http://akionweb.com/mt-tb.cgi/283

コメント

このページに対する感想、意見をお寄せ下さい。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

おことわり

当サイトに掲載している全ての情報は、全て当サイト管理者が個人的、実験的に試した事、又は独自に調査したものです。 従ってその情報に誤りがある可能性も多分にあります。 当サイトの情報をそのまま鵜呑みにされませんようお願い申し上げます。 また当サイトの情報を元に作業されたりする場合はそれをご理解頂いた上で、あくまで自己責任の元で行ってください。

トップページ»3.IT関連»Asterisk - 電話って最高に面白い