トップページ»3.3.セキュリティ»OP25Bについて

3.3.セキュリティ



OP25Bについて

いつものように情報収集をしていた中でこんな記事を発見。

OP25B、年内に多くのISPが実施へ、ユーザーは設定変更を
http://journal.mycom.co.jp/articles/2006/05/17/antispam2/

Outbound Port 25 Blocking(OP25B)の流れは確実に各ISPに浸透しているようであり、この記事が書いているようにどんどん進行していくのは間違いなさそうですね。 まったく、一部の人間のためにどんどん自由が奪われていく気がして不愉快きわまりないのですが、一方でまぁこれも時代の流れ、仕方ないのかなぁなんて思ったりしてます。

ちょっと文中で気になった点がいくつかあったのですが、

さて、OP25Bが完全実施されると、そもそも587番ポートとSMTP認証(587+Auth)の設定をしていない一般ユーザーはすべてメールが送信できなくなる。これは大前提で、これについては後述する。

すべて? OP25Bってそういうものでしたっけ!? 私の今までの認識ではプロバイダのMTAを使っている限りは通常通りメールできるものだと思ってましたが… もしかしてプロバイダのユーザー用MTAを廃止してMSAに変更する方向なんでしょうか? え~? ほんとに? てかSMTP+Authだけでよくない?

それから、

ところで、OP25Bに関して問題になるのが「動的IPで、ダイナミックDNS(DDNS)を使って運営されている自宅サーバー」である。ブロードバンドの進展で個人でも自宅サーバーを立ち上げる例が増えているが、赤桐氏は自宅サーバーでも「固定IPを使ってください」としている。

でも安い固定IPだとDULに登録されていたりするんだよね。 うちもそうだし。(笑) DULに登録されていない(されにくい)ISPを調べて契約するなんてちょっと無理っぽいし。 かといって企業向けなんて高額だし。

仮に上に書いたプロバイダMTA(SMTP+Auth)が存続するならば、DDNSな人もMTAにSMTP-Authを実装することで逃げられるんだけどねぇ。

あぁなんにせよ息苦しい世の中よ。





投稿日 : 2006年5月17日

この記事に関する言及

このエントリーのトラックバックURL:
http://akionweb.com/mt-tb.cgi/294

コメント

このページに対する感想、意見をお寄せ下さい。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

おことわり

当サイトに掲載している全ての情報は、全て当サイト管理者が個人的、実験的に試した事、又は独自に調査したものです。 従ってその情報に誤りがある可能性も多分にあります。 当サイトの情報をそのまま鵜呑みにされませんようお願い申し上げます。 また当サイトの情報を元に作業されたりする場合はそれをご理解頂いた上で、あくまで自己責任の元で行ってください。

トップページ»3.3.セキュリティ»OP25Bについて