トップページ»3.1.Linux/UNIX»qmailadminのログイン画面

3.1.Linux/UNIX



qmailadminのログイン画面

久々にqmail及びその周辺ソフト(vpopmail,vqadmin,qmailadmin,courier-imap等々)のセットアップやりました。

で、この作業をやる度に思うことがあります。 qmailadminってメールサーバーの管理者(postmaster)を各ドメインごとに任命できる点などが大変便利な訳なんですが、ユーザーが自身のパスワードを変更したりもできるわけで。 でもログイン画面のユーザーの部分にコンスタントで「postmaster」って出てきちゃいますよね。

まぁ細かいことなんですが、これってなんとなく精神衛生上よろしくないと感じてしまうわけでして… 管理者IDはpostmasterだよ!ってみんなに教えなくても良いじゃないですか。




で、毎回以下のような作業をしてます。 以下はvpopmail-1.2.9のケース。

  • qmailadminのtarを開いて出てくるtemplate.cをvi
  • 348行目のprintf("postmaster");をprintf("");に変更
  • でコンパイル

あまりマニュアル詳しく調べてないのでアレなのですが、configureとかで指定できないのかな。 どなたか良い方法知りません?


投稿日 : 2006年7月 7日

この記事に関する言及

このエントリーのトラックバックURL:
http://akionweb.com/mt-tb.cgi/313

コメント

このページに対する感想、意見をお寄せ下さい。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

おことわり

当サイトに掲載している全ての情報は、全て当サイト管理者が個人的、実験的に試した事、又は独自に調査したものです。 従ってその情報に誤りがある可能性も多分にあります。 当サイトの情報をそのまま鵜呑みにされませんようお願い申し上げます。 また当サイトの情報を元に作業されたりする場合はそれをご理解頂いた上で、あくまで自己責任の元で行ってください。

トップページ»3.1.Linux/UNIX»qmailadminのログイン画面