トップページ»3.3.セキュリティ»AntiVirのワーニング

3.3.セキュリティ



AntiVirのワーニング

去年の12月13日を境に、AntiVirが下のログを吐くようになった。

Dec 13 01:05:21 public antivir[6183]: /etc/antivir.conf is deprecated. Please use /etc/avguard.conf, /etc/avmailgate.conf, /etc/avwebgate.conf , /etc/avsapvsa.conf, /etc/avsamba.conf instead for the AntiVir software settings.
Dec 13 01:05:21 public antivir[6183]: /etc/antivir.conf is deprecated. Please use /etc/avupdater.conf instead for the AntiVir Updater settings.

前日(12日)に行われた自動アップデートで、AntiVir自身がアップグレードされ、それに伴い設定ファイルが新しい様式になりますよ的な事らしい。 前のantivir.confでも警告が出るだけでとりあえずは動くっぽいので放っておいたのだが、ログも汚れてきたし、そろそろ作業しようかと乗り出してみる。




/etc中を見てみると、antivir.confとavguard.confが存在しているので、ひとまずantivir.confをantivir.conf.orgにリネームしてみる。 これでワーニングは出なくなったのだが、今までログをsyslogに吐かれるようにしていた設定が消えてしまっている模様。

avguard.conf中のsyslog設定箇所を探してみるが見当たらない。 となると自動アップグレードでは実行ファイルとかライブラリだけアップグレードされてconfはされないのかもと考えた。

というわけで最新のAntiVirをダウンロードしてuntar後、/etc中のavguard.confファイルを見る。 やっぱり若干変更点があるみたい。 syslog関係の設定も可能になっている。 あと今までなかったavupdater.confなるファイルも存在している。

antivir --versionやってみると、AntiVir自身のバージョンは最新になっているようなので、最新のconfだけコピーすれば良いでしょう。

早速avguard.conf及びavupdater.confを実環境に移し、両ファイルのsyslog設定部分を変更。

結果OKっぽい。 しばらく様子見することに。

終わってから新しいAntiVirについてきたCHANGELOG見てみたら、version 2.1.9の部分に

suggest to switch from /etc/antivir.conf to the appropriate config files

っていうのがあった。 これかな。 そのうちantivir.confは使えなくするんだろうか。


投稿日 : 2007年1月 9日

この記事に関する言及

このエントリーのトラックバックURL:
http://akionweb.com/mt-tb.cgi/339

コメント

このページに対する感想、意見をお寄せ下さい。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

おことわり

当サイトに掲載している全ての情報は、全て当サイト管理者が個人的、実験的に試した事、又は独自に調査したものです。 従ってその情報に誤りがある可能性も多分にあります。 当サイトの情報をそのまま鵜呑みにされませんようお願い申し上げます。 また当サイトの情報を元に作業されたりする場合はそれをご理解頂いた上で、あくまで自己責任の元で行ってください。

トップページ»3.3.セキュリティ»AntiVirのワーニング