トップページ»3.4.製品»Adobe Reader 8.1のautoupdater

3.4.製品



Adobe Reader 8.1のautoupdater

昨日6月7日位にリリースされたAdobe Reader 8.1をインストールしたのだが、今日になってautoupdaterがCPU使用率100%近くまで指すようになった。 タイミングとしてはReaderを起動した直後くらいから他のアプリケーションが激重になる。

タスクマネージャーでautoupdaterを殺そうにも死なない。 ログオフしようにもできない。 仕事でPDF使う用があったので、即刻ダウングレードして対応した。 まぁautoupdaterを停止すれば対応できたのかもしれない。

仕事が一段落したので他に同様の問題が出ていないかネット上をざっと調べてみたが見当たらない。 私の環境に依存する問題なんだろうか。

まぁ当面は良いんだけど。





投稿日 : 2007年7月20日

この記事に関する言及

このエントリーのトラックバックURL:
http://akionweb.com/mt-tb.cgi/380

コメント

このページに対する感想、意見をお寄せ下さい。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

おことわり

当サイトに掲載している全ての情報は、全て当サイト管理者が個人的、実験的に試した事、又は独自に調査したものです。 従ってその情報に誤りがある可能性も多分にあります。 当サイトの情報をそのまま鵜呑みにされませんようお願い申し上げます。 また当サイトの情報を元に作業されたりする場合はそれをご理解頂いた上で、あくまで自己責任の元で行ってください。

トップページ»3.4.製品»Adobe Reader 8.1のautoupdater