トップページ»3.5.ブログ/CMS»MTにCaptcha Plugin導入

3.5.ブログ/CMS



MTにCaptcha Plugin導入

久々にMTネタ。 今までコメントスパム対策は色々やってきてて、結構正確に弾いていたのだけれども、最近ぽつぽつと抜けるようになってきたので対策に乗り出してみた。

今回入れたのは前々から気になってはいたCAPTCHAという仕組み。 実際に入れたのはOgawa::MemorandaさんのCaptcha Pluginです。 プラグインということでインストールが簡単そうという点で決めました。

このプラグイン、個人も商用も無償(寄付は任意)ということで、本当に頭が下がります。




GDは既に入っていましたがAuthen::Captchaは入って無かったのでCPANから入れて、Captcha PluginのアーカイブをMTホームに展開。 各ファイル、フォルダのパーミッションを変更してMTに入りプラグイン一覧に表示されることを確認。 テンプレートを変更後再構築してからプラグインの設定画面でCaptcha Pluginを有効に設定。 マニュアルではこれでインストールはおしまいとなってます。 簡単。

で、実際にエントリを見てみると…出てない。 良く見ると代わりにJavaScriptのエラーが出てました。

'commenter_name' は宣言されていません。

変数の未定義らしいですが、多分私が何も考えずいじくり倒しているテンプレートのせいでしょう。 captcha_js.cgiのソースを見てみると最終行付近でコンスタントに上の変数チェックをしていますが、そんな変数無いわけだしチェックの部分をコメントアウトしてしまえば良いでしょう。 と安易に判断。(^^;)

print $q->header('text/javascript');
#print "if (!commenter_name) {\n";
print "\tdocument.writeln('$_');\n" foreach split(/\r?\n/, $tmpl);
#print "}\n";

で表示されるようになりました。 とりあえず動作的にも問題なさそうです。


投稿日 : 2007年7月12日

この記事に関する言及

このエントリーのトラックバックURL:
http://akionweb.com/mt-tb.cgi/374

コメント

このページに対する感想、意見をお寄せ下さい。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

おことわり

当サイトに掲載している全ての情報は、全て当サイト管理者が個人的、実験的に試した事、又は独自に調査したものです。 従ってその情報に誤りがある可能性も多分にあります。 当サイトの情報をそのまま鵜呑みにされませんようお願い申し上げます。 また当サイトの情報を元に作業されたりする場合はそれをご理解頂いた上で、あくまで自己責任の元で行ってください。

トップページ»3.5.ブログ/CMS»MTにCaptcha Plugin導入