トップページ»3.3.セキュリティ»社外持ち出しPCの対策

3.3.セキュリティ



社外持ち出しPCの対策

ネットスター調査の「組織でのインターネット管理実態調査」を見て感じたこと。

大企業では掲示板やSNSの利用制限進むが、持ち出しPC対策に課題
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/02/14/18461.html

ネットスター プレスリリース
http://www.netstar-inc.com/press/press080214.html

結構共感するところ有り。 やっぱり社外持ち出しPCの対策は悩ましいところです。




社内ではアンチウイルス、コンテンツフィルタリング等、セキュリティ対策を施したプロキシやゲートウェイを関所とするといった措置がとれるけど、持ち出されてしまうとそういった設備は当然使えないわけで。

結局シンクライアントが一番セキュアにできる気もするけど、ネットワークがなければ何も出来ないのは痛すぎる。 かといってファットクライアントで行くにしてもLANで展開している各種セキュリティ対策と同等レベルまで引き上げてくれるような製品は今現在見つからない。(私には) どうしてもアンコントロールな部分が出てきてしまう。

ハイブリッドな製品も見かけたけど、結局ファットな部分が残ってしまうのではどうなの?と思ってあまり調べてない。(実際のところどうなんでしょ。もう少し調べてみようかな。)

この間記事に書いたSymantec Endpoint Protectionでも対策できない部分はあるわけで… かといって生産性とは無関係なところにジャブジャブお金つぎ込めないし。

悩ましい限りです。


投稿日 : 2008年2月14日

この記事に関する言及

このエントリーのトラックバックURL:
http://akionweb.com/mt-tb.cgi/436

コメント

このページに対する感想、意見をお寄せ下さい。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

おことわり

当サイトに掲載している全ての情報は、全て当サイト管理者が個人的、実験的に試した事、又は独自に調査したものです。 従ってその情報に誤りがある可能性も多分にあります。 当サイトの情報をそのまま鵜呑みにされませんようお願い申し上げます。 また当サイトの情報を元に作業されたりする場合はそれをご理解頂いた上で、あくまで自己責任の元で行ってください。

トップページ»3.3.セキュリティ»社外持ち出しPCの対策