トップページ»3.4.製品»ESXi 構成情報の自動バックアップ

3.4.製品



ESXi 構成情報の自動バックアップ

ESXiゲストのバックアップスクリプト作ったのは良かったのですが、構成情報のバックアップをすっかり忘れていました。(汗)

「ESXi 構成情報 バックアップ」のキーワードでぐぐってみますと、VMware Infrastructure RemoteCLIのvicfg-cfgbackup.plを使ってバックアップする方法が沢山出てきます。 でもこれは基本手動、しかもリモートからの処理だし、どうせ他のファイルをcronで自動バックアップしてるんだからこれもまとめてやってしまいたい。

で、探してみました。 /sbinの中に入っているfirmwareConfig.shが同等となるスクリプトみたいです。 バックアップ例としては、

/sbin/firmwareConfig.sh --backup /vmfs/volumes/datastore1

これで指定したフォルダにconfigBundle-HOSTNAME.tgzというファイルが出来ます。 これはVI RemoteCLIのvicfg-cfgbackup.plで落とすファイルと同等なので、同コマンドでリストアもできると思います。

あとはこれをバックアップスクリプトに仕込めば良いだけ。 簡単で良かった。(笑)

追記:

書き忘れましたが、リストアも同様にシェル上で戻せるみたいです。

/sbin/firmwareConfig.sh --restore /vmfs/volumes/datastore1/configBundle-HOSTNAME.tgz

って感じかな。 こっちはまだやってないので後でちゃんと調べます。(^^;)





投稿日 : 2009年4月28日

この記事に関する言及

このエントリーのトラックバックURL:
http://akionweb.com/mt-tb.cgi/467

コメント

このページに対する感想、意見をお寄せ下さい。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

おことわり

当サイトに掲載している全ての情報は、全て当サイト管理者が個人的、実験的に試した事、又は独自に調査したものです。 従ってその情報に誤りがある可能性も多分にあります。 当サイトの情報をそのまま鵜呑みにされませんようお願い申し上げます。 また当サイトの情報を元に作業されたりする場合はそれをご理解頂いた上で、あくまで自己責任の元で行ってください。

トップページ»3.4.製品»ESXi 構成情報の自動バックアップ