トップページ»3.4.製品»VMware ESXi 3.5のcrontabを(半ば強引に)使う

3.4.製品



VMware ESXi 3.5のcrontabを(半ば強引に)使う

ESXiにはcrondが動いていて、デフォルトでいくつかのスクリプト類が実行されている。 やっぱり標準で動いているなら使いたいよね、バックアップとか。

まず/var/spool/cron/crontabs/rootを編集後、cronのプロセスを再起動したらちゃんとカスタムのcronが使えた。 ところが案の定ESXiホストを再起動すると何事も無かったかの様にオリジナルのcrontabに元通り。(汗)

それならばcronが起動される直前にジョブを仕込めば良い。 と思ったら/etc/initはvi→保存しても編集内容は全く反映されず。(汗) まぁ無謀ですかね。

結局rc.localしか無いのか。(^^;) という訳で/etc/rc.localの適当な部分に以下を記述。

# crontabs
cat<<_EOT_>>/var/spool/cron/crontabs/root
01 * * * * touch /tmp/hoge.txt
02 * * * * touch /tmp/fuga.txt
_EOT_
kill -sigterm `ps|awk '/[c]rond/ {print $1;}'`
crond

上の例では3~4行目がcronの中身。 crondはhupが効かないみたいなのでtermして起動してます。(笑)

再起動後、一応動いてます。 でもこれで本当に良いかは知りません。(^^;)

2009-04-20追記:

更にこれだけでは駄目な点に気づきました。 独自で作ったスクリプトを/vmfs以下に置いたもの等をcronで動かしたい場合、そのものズバリのパスでは実行されません。 これを回避するには下の例のようにそのファイルを/sbin等にシンボリックリンクする必要があります。

ln -s /vmfs/volumes/datastore1/hogehoge.sh /sbin/hogehoge.sh

再起動後はこのシンボリックリンクも消えますので、必要に応じてrc.localに記述しておく必要があります。

 





投稿日 : 2009年4月 7日

この記事に関する言及

このエントリーのトラックバックURL:
http://akionweb.com/mt-tb.cgi/461

コメント

このページに対する感想、意見をお寄せ下さい。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

おことわり

当サイトに掲載している全ての情報は、全て当サイト管理者が個人的、実験的に試した事、又は独自に調査したものです。 従ってその情報に誤りがある可能性も多分にあります。 当サイトの情報をそのまま鵜呑みにされませんようお願い申し上げます。 また当サイトの情報を元に作業されたりする場合はそれをご理解頂いた上で、あくまで自己責任の元で行ってください。

トップページ»3.4.製品»VMware ESXi 3.5のcrontabを(半ば強引に)使う