トップページ»1.お知らせ»一時停止連絡

1.お知らせ



一時停止連絡

ちょっと前にウチが使っているプロバイダから連絡が入って、固定のグローバルIPを変更しなければならない状況になってます。 期限が迫っているのでそろそろやろうかと。

空いた時間にやるつもりなので、突然サーバー停止状態になると思います。 また停止期間を気にすることなく作業するつもりです。 DNSの伝播とかネガティブキャッシュ云々はまったく気にしないことにしてるので、どの程度の停止になるかわかりません。 経験ないしね。 まぁ長くても数日でしょう。

また復旧後も設定不備による不具合があるかもしれません。 お気づきの点等ありましたらコメントください。

追記:

とりあえず作業完了しました。




2009-09-14追記:

後々同様の事をするかもしれないので覚書として追記。 作業中リアルタイムでTwitterにTweetしていたのでその内容とサーバーの各種ログを織り交ぜてどんな流れだったのか調べてみた。 作業内容としては以下のとおり。

事前準備
  bindの各ゾーンファイルのTTLを1時間(3600)に変更し数日放置

当日
  22:25 Internic等々にネームサーバーのアドレス変更申請
  22:28 DNSのフォワーダー及びゾーン設定変更
  22:35 セカンダリDNS設定変更
  22:40 ルーターのPPPoE設定変更&再起動

事後処理
  翌日特に問題がなさそうだったのでTTLを1日に戻した

実作業時間は15分程度。 概ね思ったとおりの時間で作業できたのだが、1点意外だったのが全作業終了後、一番最初にアクセスが来るまでの時間。 ルーターをリセット(このタイミングでIPが変わった)してからわずか数十秒で1番目のhttpdへのアクセスが来たこと。

ルーターリセット前もアクセスが止まることはなかった。 これは作業開始前にキャッシュしていた人という事だろう。 ということは15分以内で切り替わったことになる。 勿論作業を始める直前に名前解決した人はルーターリセット後しばらくの間は接続できなくなっていただろうけど、それもTTLを1時間にした事で遅くとも50分後には再アクセスできるようになっていたはず。

つまり作業開始から1時間で完全に切替ができていたことになる。 TTLをもう少し短くしていれば30分で終わったかも。

結構あっさりいくもんなんだな。 これならプロバイダ引越しもあまり苦じゃないな。 という感想でした。


投稿日 : 2009年9月12日

この記事に関する言及

このエントリーのトラックバックURL:
http://akionweb.com/mt-tb.cgi/483

コメント

このページに対する感想、意見をお寄せ下さい。




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

おことわり

当サイトに掲載している全ての情報は、全て当サイト管理者が個人的、実験的に試した事、又は独自に調査したものです。 従ってその情報に誤りがある可能性も多分にあります。 当サイトの情報をそのまま鵜呑みにされませんようお願い申し上げます。 また当サイトの情報を元に作業されたりする場合はそれをご理解頂いた上で、あくまで自己責任の元で行ってください。

トップページ»1.お知らせ»一時停止連絡